声優トレーニング!

     おもしろ, ニュース, ビジネス, 人物, 作品紹介, 小話, 悩み, 話題のネタ, 雑学

ゲームができないお母さんとポケモンGO/「君の名は。」は“バカでも分かる”作品だからヒットした/蓮舫氏へ「元・中国人」の忠言/「子供の写真を晒す親」…両親を訴えた女の子/2016.09.17

ゲームができないお母さんとポケモンGOの2カ月ゲームができないお母さんとポケモンGOの2カ月

あれだけ「スマホよくわからない」と言ってたのに、ポケモンに引っ張られてデジタル化してる。

最近ほんとにポケモンばっかやってるからね、って父親に笑われてるのも衝撃だった。

「マリオとかゼルダとかぷよぷよとか、母さんがやってみても、まずうまく走れないしジャンプもできないし、ブロックの落ちるスピードについていけなかったもん。だからゲームはできないものって思ってたんだよね」

「でも、ポケモンGOはできたんだよ。歩いてたらポケモンが出てきて、ボールをまっすぐ飛ばせばいいでしょ。だからこれが、初めてできたゲーム」

takutakuma
なんかよいな。GOのお陰でスマホが身近になってる。
QJV97FCr
いい話だ
wacok
お母さんがスマホ/PC使えるようになる話ってわりと反則でいい話。
irbs
ご両親かわいすぎる/『このゲームが成し遂げたこと、そういう何かなんだと思う。いつか母も「飽きる」んだろうけど、そこじゃないんだ、そういう話をしたいんじゃないんだ』
sisya
良い記事。新聞テレビはこういった良い側面ももっと積極的に取材すれば、番組のネタになると思うのだが。
yamadashiro39
>うまく捕まると、ボールに入ったあとに『やったー!』って出るでしょ。あれがうれしい。やったー! ってなる」 わかる…こういうのポケモン世代じゃなくても共有できるのがうれしくなっちゃうなぁ
tanimiyan
きっかけって大事だよなあと思うし、きっかけさえあれば人は変われると思うし、ポケモンGOみたいに多くの人に行き渡ったアプリは確実にたくさんの人にとってのきっかけになったよね

「『君の名は。』は”バカでも分かる”作品だからこそヒットした」岡田斗司夫が語る『君の名は。』ヒットの要因「『君の名は。』は”バカでも分かる”作品だからこそヒットした」岡田斗司夫が語る『君の名は。』ヒットの要因

technocutzero
人気が出ることはバカに見つかることという定説があるからな
solidstatesociety
つまらなく見る方法
yojik
彗星に関する理解は完全にまちがっていて、80股で有名なこの人はやっぱりバカなんだな、と再確認した。
krurun
いまだにこの人持ち上げている人はセンスないと理解した方がよい
mugikun97
単純なボーイミーツガールなのに、いちいちSFだの神話だの中二臭い要素をブチ込んでくるところ? ← 新海作品のキモチワルイところ。
nejipico
いまだに岡田を使っているニコニコも物持ちがいいというか。
logic
記事の内容以前に岡田の名前だけで拒絶してる人はさすがに邪魔なので黙ってくれないかな…。岡田でもはてなブログ級のゴミよりはマシ。誰がではなく何を書いたかで判断するのがはてブだろ。
akihiko810
というより、「できること」「やりたいこと」が今まで一つしかなかったのが、「君の~」で違うことに挑戦した、というのが真実な気が >作家性をあきらめて、誰にでも分かるように徹底的にベタな方向にした
komamix
君の名はを岡田斗司夫が煽るなんて最高の燃料なのにしょぼい。ニコニコはもうちょっと見せ方工夫できたのでは?
ho4416
この人下半身はアレかもしれんけどこの分析とは関係ないんだからソレはソレで読んだらいいのに。
roll8
岡田斗司夫の考えはおもしろいけど、写真でひたすら斗司夫をみるのはなんかキツイ
lexapro
煽ったタイトルとは違う真っ当な映画批評 この人、地に堕ちた自分の評判を取り戻そうと必死だな。
aomeyuki
デビュー時からとにかくわかりやすい(ただ伝わりにくいだけ)をやっていた人が、今回もほとんど同じ事をやっただけ。独特の新海誠的モチーフもほぼ温存しているから昔からのファンも納得。自分は飽きたけど。
moge1967
これはタイトル付けたニコニコ側が悪いな。これは岡田斗司夫のニコ生で放送されたモノのレビューで、結構ちゃんとした論評と考察をしているはず。自転車のシーンとか、気づかなかった部分もしっかり見てて感心した。
shinonomen
恋人の喪失を描いていた村上春樹も途中からハッピーエンドに変化したが、作家性をあきらめたわけではあるまい。歳を重ねると共に、物事を肯定的に考えられるようになったのではないか。
makaserori
バカが怒る記事
esodov
似たようなことを思っていた。エゴを抑えたなと。新海誠の作家性は大多数にとって正直毒というか、観ててうわぁってなるから抑えない限りここまでヒットする作品は今後も生まれないだろうな。
ruka98
バカでもわかるってのはエンタメの基本なのでは。より言うなら小難しさあっても教養ない人でも面白いと感じさせるのがエンタメでは
ene0kcal
残念ながら、「馬鹿でも分か」って「面白かったり、感動する」作品を創ることは難しい。かなり難しい。
blueboy
「ベタなドラマに集中している」からじゃないよ。「ベタなドラマに集中する」だけの技量を備えた、ということ。方針転換だけなら、バカでもできる。方針転換をしたあと、実現するには力量が必要だ。違いを知れ。

庵野や新海一般人に受けているこの不思議庵野や新海一般人に受けているこの不思議
宮﨑駿がナウシカで国民的アニメ監督になった時もこんな感覚だったのだろうか

aukusoe
エヴァやほしのこえは受けた部分があったんだから、それを加工すれば別の人にも受けるってのは理にかなってると思う。それより、GENJI、エブリパーティーからの「モンスターストライク」の方が不思議感ぱない。
msdbkm
ナウシカ公開当時にはそこまで「国民的」というほどの名声は獲得していなかったのでは。ジブリの教科書に書いてあった気がするけどうろ覚え
liatris5
名前が売れ始めたのは魔女宅で、爆発的だったのがもののけ姫からじゃない? ナウシカあたりは10~15億くらいだったと思うから、「心が叫びたがってるんだ」とかとおなじ位の感覚だと思うが。
AQM
家族で金曜ロードショーでナウシカ観てるとき、一般人の親父が「ナウシカなんでパンツはいてないの?」って訊いてきてウザかったです。
toshi20
カリオストロ(カルト人気監督)→ナウシカ(評論家にウケるも中ヒット)→トトロ(火垂るの墓と同時上映、ヒットせず)→魔女宅、豚(アニメ映画記録更新)→もののけ、千尋(日本映画記録更新)。実は駿、時間掛かってます。
logic
ナウシカ・ラピュタを小学低学年で見て育ったのを直撃世代とすると高学年〜中学で魔女宅ブレイク、金と時間のある大学頃にもののけ・千と千尋の最大ヒットと連動してて納得感ある。
trfgm
庵野はいま56歳で、70代までやるらしいけど、あんまり時間は残されてないね。エヴァ終わったあとナウシカを3作くらいやって創作人生終わりって感じかな。何か完全新作を作って欲しいのだが
saizo_s
もう「一般人」とかいう「おれたちオタク様よりも愚かなやつら」の存在は幻になりつつあると、いいかげん気付けよ。
ISADOK
エヴァの時点で社会現象になるほどヒットしてたじゃないの。中身は完全にオタク向けだったのに
ming_mina
カリオストロやラピュタが公開当時はパッとしなかったってのも信じられないな…
nost0nost
一部の若いオタクには「宮崎駿はナウシカの頃から一般人にバカ受けのアニメ監督だった」と言う認識がある事がわかる何とも恥ずかしいエントリだな
yas-mal
いうてもハイジ・ルパン・コナン作ってたわけだし。クリエイターとしての知名度がマニア内だっただけで作品自体は一般向けでしょ?
sanam
トトロ、そんなにヒットしなかったのか。小さい頃テレビで放送したのを録画してテープが擦りきれる程毎日毎日見てたんだけどな。
mame_3
今回、新海作品初めて見たけど細田守だよって言われても信じたと思う。
misaca
今敏監督が今後評価されることはないのか…
hpptms
アニメ映画の方が日本の映画だと表現できること多いからじゃね?

蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言 | 李小牧(り・こまき)蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言 | 李小牧(り・こまき)
 小学生ならばいざしらず高校生にもなって、国籍変更という人生の一大事を覚えていないということがあるだろうか。
 私は昨年2月、中華人民共和国国籍を放棄したが、その時には日本人になれるという喜びと長年の祖国との絆が失われたという惜別の情とがあいまって、なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになった。私はあの日のことを一生忘れないだろう。記憶があやふやとはあまりにも人を馬鹿にした言い訳だ。
この点について、今般、確認を行いましたが、いかんせん30年前のことでもあり、今のところ、確認できていません。今後も確認作業は行いたいと思いますが、念のため、台湾の駐日代表処に対し、台湾籍を放棄する書類を提出しました。

 このくだりを読んで、蓮舫氏がウソをついていると確信した。日本の国会議員である彼女が照会すれば半日もたたないうちに確認ができるはずだ。それどころか台湾の官報はネットで公開されているため、検索すれば10分で答えはわかる。それを下手なウソで時間稼ぎを図っていたのだ。

 なんのための時間稼ぎなのか? その答えは民進党代表選だろう。党員・サポーター・地方議員は葉書によって投票する。締め切りは12日必着だ。
果たして、締め切りの翌日となった13日に蓮舫氏は記者会見を開き、二重国籍の事実を認めたのだった。代表選では503ポイントと過半数を獲得して新代表に選出されたが、党員やサポーターが二重国籍問題についての結果を知らずに投票先を決めたことを忘れてはならない。
 法務省は本日(15日)、一般論としてだが、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという見解を発表した。もう一度言う。蓮舫氏は即刻、民進党代表を辞任するべきだ。

ryokusai
「自分の身を守る釈明のために、台湾の対日感情を傷つけてしまう……。自分を犠牲にして国益を守るのが本来の政治家だ。彼女のやり方はその真逆。この一点をもってしても政治家としての能力に疑問符」うむ。
coper
この人の日本国籍取得と中国国籍離脱は高々2年前、蓮舫の国籍選択は30年前。この人には「一生忘れられない出来事」なのだろうが、蓮舫の記憶が曖昧なこと責める理屈としては馬鹿げている。
wktk_msum
最近の蓮舫ネタの記事では1番同意できる記事.蓮舫への批判を「二重国籍は問題ない」「差別だ」として,思考停止してるはてサこそ必読/coperへ 婦人公論(2010/4)を読めば蓮舫が自分の国籍選択を強く覚えてることがわかるよ
echorev
国内の政争のみならず国際問題に発展してるってことを自覚していただきたい。
bros_tama
逆風の中でも,日本に帰化した人達の名誉も日本と母国両国の名誉も守ることは,この筆者ぐらいの意識の高さ,覚悟があればできるのではないかな.(Aufheben的な)
shogo_okamoto
李小牧サン、次の選挙がんばって欲しいね。
tokage3
高校生当時の蓮舫氏の考えは知る由もないのだが、それ以外の点について妥当な批判に思える。どの方面に対しても無責任だよね。
kaos2009
帰化と重国籍からの選択は思い入れはまた違うのでは
trfgm
締切期日の件すごいな。なんか計算しつくされた嘘って感じだ。
youco45
ルーツには一人ひとり固有のものなのに、大雑把な括りでなぜ「同じだからこそ批判できる」と思えるのか。政治家といえど、個人の私的な誇りや苦しみよりも国益を優先させる国家って危なくないか
m-matsuoka
id:youco45←政治家は国益を守るのが仕事。個人をその仕事より優先させたいなら政治家を辞めるべき。
apppppp
蓮舫が欺いたのは日本人だけじゃない。同じ境遇の帰化した方々に対して、背後から斬りかかる事をした。台湾に対して唾棄し尊厳を傷つけた。全方位を敵にしてる人間が政党の長にいる事実。真面目に対処すべきだ
hazime2914
はてサにかかったらこの人もレイシストな訳?
tachib
はてサは気持ち悪い。この気持ち悪さがわかる人はきっとアンフェアに敏感。
u_eichi
“代表選は国民に民進党とその政策を知ってもらう絶好のチャンスだったはずだ。それがこんな結果に終わった” いやもうほんと。
gaojin2180
最初は二重国籍が問題とされていたように思うが、今は過去に言ったことが嘘だったことが問題だといわれている。最初に“二重国籍だと思います”と言えば良かったのか。それならこんなに追及されることはなかったのか
Redcolor
17歳の多感な時期に国籍放棄という重大イベントを忘れたとか父に任せきりとかありえない。政治家にでもなろうとしている自立心の強い人がだよ?もしこの言い訳を信じているのなら相当おめでたい民進党も支持するよね
scopedog
“俺は去年のことを覚えてるのに、蓮舫が30年前のことを覚えてないのはおかしい”とかいうバカな屁理屈に騙される人が多いんだな。本当に「検索すれば10分で答えはわかる」なら2週間前には記事にできたのでは?
hyolee2
蓮舫(1984年の国籍法改正により日本国籍取得)の場合は李小牧(帰化による日本国籍取得)とは違う。
heyacho
はげどう
tukanana
嘘つきは蓮舫の始まり、は正にこれ。 鳥越といい、こう、何で一番アカン候補を選ぶかなぁ。
tikuwa_ore
何度も云うが、二重国籍の解消自体は罰則なしの努力義務だからどうでもいい。やはり一番の問題は、明らかな嘘を吐いた事と、そのために台湾を傷つけた事。これに尽きる。
xevra
今後民進党を支持する事は台湾国民を敵に回すことになるのは痛いよな。どうリカバーするつもりなんだろうね。俺自身は民進党には一生投票しないからどうでもいいけど

10代の女の子、赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をFacebookに公開した両親を訴える10代の女の子、赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をFacebookに公開した両親を訴える
オーストラリアに住む18歳の女性が両親を訴えた。ネット上で500枚以上の彼女の写真を友人たちに公開した両親のことを、彼女は「恥も限度も知らない」と主張している。

彼女は何度も画像の削除をお願いしたが両親は拒否した。彼女はこう説明する。「両親が真剣に考えてくれないことに疲れました」

彼女の父親は、自分が撮影したのだから写真の著作権と配布する権利は自分にあると主張している。

aoiasaba
昔はネットに拡散する方法がなかったから私はセーフだけど、この子の気持ちわかるよ。実名だし避けようがない。親は恨まれるものと相場は決まってるけどやりすぎは本当に禁物。
mogmognya
10代の娘が恥ずかしいって言ってるのに、写真を消さない親ってなんなんだろう。
poko78
これは案外笑えない
eririchan3031
近い日本の未来を見せられた
hawaikko
こんな親にはなりたくない。
mellhine
売られた喧嘩を買う親にビックリ
sisya
毒親に関するエピソードを聞いていると、親が絶対者であることを主張するために子供の言うことを何も聞かないという話がよくでてくる。この方の親もその類なのではないかなと邪推した。娘が嫌がるから公開をやめない
rub73
それならあなたがボケたらどんな些細な失敗もネットで拡散するという脅しがあるな。
hinail
親は「はあ?何撮るかなんて自由だろ、みみっちい奴」という感覚で、周りからも「自意識過剰ww年頃だと親のやることがいちいち気にくわなくなるからね、私もそうだったなーw」というような反応しかなかったんだろう
hietaro
こういうことはもちろん起こるよなあ。自分の子供は将来ちゃんと人格を持った大人になり、それはこの子供と同一人物だという想像力の欠如と、「かわいいんだらいいじゃん」という思考停止との戦いだなあ。
wacok
赤ちゃんがウンチするためにいきむ顔を撮影して投稿するキャンペーン、正気かな?って思ってる。(確かにかわいいんだけど)
YukeSkywalker
やっちまえとしか言えない。親戚に見せるのとFacebookで全世界公開は違う。
shields-pikes
本人が心底嫌がってるのに、頼んでも消してくれないなら、もう訴えるしかないな。相手が家族かどうかは関係ない。
motnao
これはキッツいな。知人に自分の分娩時のDVDを見せまくってる人がいるのだけど、自分はともかく(局部映ってるんだけどさ…)思春期になった息子は今何を思う、と久々に思いを馳せてしまった。
agnusdei28
前に好んで読んでた子育てブログが『娘からやめてくれと言われたのでやめます』で終わったのを思い出した。
gah4835
子供は心も身体も成長するってことですよね。いつまでも何も知らない赤ちゃんのままではないってことですよ。子供の成長と共に、親も成長しないと・・・
piruke0623
物心ついた頃から何度か私の体に関する事を母親が無神経に周りに言いふらして傷ついた思い出があるから気持ちわかる。子供を無意識に所有物のように扱う親がいるんだよ。
omanchi
気をつけましょうね
kazoo_oo
気をつけます。
misomico
とある かぞくが のこした blog http://web.archive.org/web/20050409101856/http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html

とある かぞくが のこした blog - 無題ドキュメントとある かぞくが のこした blog – 無題ドキュメント
2004年に投稿された「ザ・ガーベージ・コレクション」の作品。
元ページが削除されていたため web.archive.org からの転載です。

これは とある かぞくが のこした blog で ある。

いまや にちじょう に ねざした ネット かつどう の

さいたるもの で あるところの

blog。

その かのうせい と ゆくさき を

おもいながら みて いだだければ さいわい です。

うえの メニュー から できれば

2004.11.25付の Dad’s blog から

ごらん ください。

Dad’s blog

2004年11月25日

結婚してみました。


 とまぁまったくな私事で申し訳ないのですけれども、なんと本日、小生、入籍なんぞを敢行するに至りましたのでまぁほんとに申し訳ないのですけれども、一応皆様にご報告させていただく次第でございましてまったくもうほんとうにこういうことはなんだかこっぱずかしいのでできればしらんぷりさせていただきたかったのですけれども、まぁ、そこはそれ、人生の一大イヴェントには間違いがないので。いやもうほんとに申し訳ない。

相方のBlogにはリンクを致しませんので。ていうか、同居を始めてから、お互いのBlogを観ることを止めております。なんせほら、四歳の頃からの知り合いなので、もう、お互いのことはほとんど知っちゃってるわけですよ。だからせめて幾ばくかの秘密を持っていたいな、と決めた次第でして。って、そんなこたぁ皆様にはどーでもいーことなんですけれどもね。

 いずれに致しましても、今後とも”K”ともどもよろしくお願いします。m(_ _)m

Dad’s blog

2005年9月30日

産まれましたーっ!!!


本日午前3時12分、漸く産まれてくれました! 女の子です!

 予定日を四日も過ぎちゃいましたけれど、おかげさまで母子ともに健康です! ご心配くださった皆さん、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

Mam’s Blog

2005年9月30日

出産。


やっと会えたね。

予定日を過ぎても なかなか出てきてくれなかったけれど きっと あなたのお父さんに似て

引っ込み思案なんだろうね。

ほんと がんばったよね。

あなたのお父さんは そう言ってわたしを褒めてくれたけれど

いちばんがんばったのは あなただよね。

これから一緒に生きていこうね みずきちゃん。

Dad’s blog

2012年4月6日

入学式!


 お陰様で我が愛娘のみずきが、本日、駒の江市内の公立小学校に入学いたしました。

 ついこのあいだ産まれたばかりだと思っていたのにもうランドセル背負っちゃって…ほんと、月日の経つのは早いものです。ていうか、自分が小学校に入学したのも、昨日のことのように感じているくらいなのに(^^;)

【追記】

 いつものようにたくさんのコメント&トラックバック、ありがとうございます。複数の方々から「みずきblogも見てみたい」とのご意見を賜っておりますが、これについては強制できるものではありませんので…当人が始めたいと言うまでお待ちいただければと思います。

Mam’s Blog

2012年4月6日

入学。


ぴかぴかのランドセル。

ぴかぴかの笑顔。

ぴかぴかのみずきちゃん。

みずきだけの世界が 少しずつ 少しずつ

できあがってゆく。

ゆっくりでいいから 友達たくさんつくってね。

それが おかあさんの ねがい。

Daughter’s blog

2016年7月16日

はじめまして。


何から書けばいいのかな。

あ。

こんにちわ。みずきです。

これからここで、blogをやることになりました。

小学五年生です☆ 11歳です☆

うーんと。いま、私の後ろではおかあさんがいて、私の書くことをチェックしています。。。

ちょっとウザい感じもするけど(あ、おかあさん怒った)、メールのつもりで書いちゃうとまずいって言うので、しばらくはおかあさんに見てもらうようになります。

Mam’s Blog

2017年1月1日

巣立。


もう 大丈夫だね。

もう ひとりでも ちゃんとやっていけるね。

母としては ちょっと 心配だけれど

いつかは ひとりで やっていかなくちゃいけない。

あなたのこころが 今日 おとうさんとおかあさんの元から 巣立ってゆく。

Daughter’s blog

2017年1月1日

いじめられっ子


 やっと今日から好きなことが書ける。

 漸く私は母親の監視から逃れた。

 私はいじめられっ子だ。もちろん、父親や母親はそれを知らない。

 私がいじめられ始めたのは、まだ、幼稚園にも行かぬ頃。

 毎年、クラス替えがあるたびに、もういじめには遭いませんように、と祈ったが、駄目だった。

 先生には相談できない。仕返しのことを考えるととても怖くて。

 父親や母親はわたしの本心を知らずに、わたしが熱心に勉強するのを喜んでみている。

 もう少しの辛抱だ。中学生になるまでの辛抱。

Dad’s blog

2019年4月5日

入学式。


 本日、愛娘のみずきが中学に入学を致しました。二年ほど前から、みずきはこの学校に入学すべく受験勉強を、それはそれは見ているこちらが心配になるくらいの勢いでがんばっておりました。その甲斐あって見事合格、本日からいよいよ制服姿での登校と相成りました。

 相変わらず、みずきのblogを見て、我々の教育のあり方に難癖をつけてくる方々がいますが、何度も申し上げておりますように、私たちは大変良好な親子関係を保っております。勿論、みずきとて中学生ともなれば親には言いづらいことも出来てくるでしょう。それをはき出すためのblog、という側面もみずきのblogにはあるのです。私と私の妻はみずきを信頼しています。その信頼は、毎日顔を合わせ、出来るだけたくさんの会話を交わすことで作り上げられたものです。ご安心ください、みずきは毎日、私たちに明るく接しています。いじめられている素振りなどありません。

Mam’s Blog

2019年4月5日

入学。


もう 大人だね。

いつのまにか こんなに立派になっていたんだね。

いまのまま まっすぐ 大人になってくれればいい。

みずき。

あなたの存在が わたしと わたしの主人のすべて。

Daughter’s blog

2019年4月5日

逃げられない。


 もう観念するしかないのだろう。

 中学生になれば、いままでのいじめられっ子の生活から解放されると思っていた。だから、その為に猛勉強をしていまの学校に入った。

 でも、それは甘かった。ここでも、私はいじめに遭う。

 入学式が終わった後、初めて教室に入ったら、黒板に大きくここのURLアドレスがかかれていた。わたしは、これからわたしにされるいじめを思って暗い気持ちになるのと同時に、これまでの疑問の答えを見つけた気がした。

 そうなのだ。私がいままでいじめられてきたのは、ブログのせいだったのだ。

 なんでみんなわたしのことをそんなに知っているの? それとなく母親に尋ねたこともある。母親は「大きくなれば判るよ」と言うだけで何も教えてくれなかった。

 前の日に、我が家で起きたことを材料にしてわたしに罵詈雑言を浴びせる同級生の男の子。なんで知っているの? いじめられたその悔しさ以前に不思議だった。

 わたしは母親からそう言われたように、このblogでは、個人が特定できるようなことは一切書いていない。

 ところが、母親や父親はわたしの行動や、我が家の出来事を事細かにアップしている。

 わたしは今日、禁を破って母親と父親のブログを見ました。卒倒するかと思った。わたしと家族しか知らないはずのことが、詳細に記載されている。ていうか、知らないこともたくさんかかれている。

 わたしの誕生はもちろん、幼少時の恥ずかしいエピソードなどが懇切丁寧にかかれていて、とくに初潮を迎えた日など、まるで、国民の祝日にでもなりそうな勢いでかかれている。卒倒するなという方が無理だ。

二人がまだつきあっていた頃のブログなんて読んでいるだけで顔から火が出る。わたしが浴びせられた悪口雑言の中で、意味不明だったものの大半が、この時期の、わたしが産まれる以前に書かれたブログを材料にしていることも判った。なにしろ結婚前のブログでは、二人が競い合うようにして、アクセス数ほしさにこれまでの性体験をどんどん書きつづったりしていて、なんだか、両親への尊敬の思いがいっぺんに消えてしまった気がした。わたしが産まれた後も、浮気や離婚の危機を事細かに書いたりしている。

 もう、どこへも逃げられない。

 たとえ、この世の外に逃げたところで、わたしの両親は、それすらもブログの材料にしてしまうだろう。そして、世界中に散在するわたしたちのブログを知る人たちが、悲しみのコメントやトラックバックを寄せるのだろう。

ザ・ガーベージ・コレクション mkII(SR以降)

無題ドキュメント

ザ・ガーベージ・コレクション(@GabaColle3)さん | Twitter

http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html

はてなブックマーク – 無題ドキュメント

yukatti
読んでくとちょっと怖くなる。
pho
他人をネタにするなってこと
kowagari
う、うわぁぁあ…
nagisan28
なんだか薄ら寒いものを感じました。
matsukura
こういうフェイクものは好き。
kuroneko_kun
最高の切れ味を持った美しくも儚い家族の憂い、そしてインターネットの子供たちの未来
a-park
短編日記小説 怖いよ…
shodai
確かにもっともな話。一歳になる前にはやめないとね。
sagi-usagi
20年blogしたらどのくらいエントリできるんだろ、、
ced
「とある かぞくが のこした blog」。2004年の作品で公開当時も見たけれど、今となっては歴史的名作。
shibusashi
うひゃ、こえぇ
aully
「もう、どこへも逃げられない。」せめて今日からでも個人情報には気をつけよう。
LondonBridge
近未来ではなく現在進行形だな
Amontrue
ブログの行く先
hatayasan
ブログは単なる日記ではないということ。ネタとしてとても秀逸。
forcutie
個人情報について。秀逸
o_keke_nigel
この両親が大量のアクセスや反応のために踏み台にしてきたものに気が付くことはあるのだろうか、と同時に将来私の子どもたちがwebをやりたい、となったら親としてはどう振る舞えばいいのか……。
chanbara
家族ブログ、その可能性と行く先
ooze-flash
最初ホンマもんかと思った。一つの小説だよね。新しい形の。これはすごいわ。読み流しただけだから、またもう一回読むことにする。
otchy210
確かに物語としては面白いんだけど、2つの点が非現実的すぎて、現実感はない。1つ、家族の Blog を読む誘惑に耐えきれるはずがない。2つ、親バカ Blog はそんなにアクセスを集めるコンテンツになり得ない。
frsatti
現代ホラー。あまりにリアルなので2012年まで創作だと気付かなかった。/ネットリテラシ教育の題材としても素晴らしい。
neogratche
「うかつにブログやってたらこうなるぞ!」という忠告より、「将来はこんなメシウマができるかもしれない!」という、いじめる側の願望を具現化しただけのようにも見える
Yuny
とある家族が残した架空のBlog史だが、実際ありそうで怖い。この怖さが分からないほど想像力が無いなら、公開Blogは書くべきではない。未来の誰を傷つけるか分からない。子どもの写真とプライベートすぎる話はやめろ!!
bloominfeeling
マジで背筋が凍りついた。webに残しすぎるのも考えものかもねと改めて思うね。本名の「自分」とwebの「自分」の関連性をどこまで持たせるか。

無題ドキュメント

yarukimedesu
2019年には、トラックバックは完璧にオワコンになっていると思う。
aka-ari
ネットの恐ろしさ。
rhyaosh
2017年ぐらいからの絶望感がヤバイ
tmkyz
そろそろ実際にこういうケースが出てもおかしくないなあと思う。久々に見た。
zeromoon0
是非今の小中学生に読んでもらいたい。
rgbv
懐かしすぎる。初めて読んだ当時は背筋が寒くなったものだなあ
xr0038
初出は 2004 年なのか /今だったら blog じゃなくて Facebook かなぁとか思いながら読んでました
piyoru_k
自分への戒めとして
augsUK
今ならFacebookとかで子供の情報をいくらでも公開してる人たくさんいるなあ。
muipla
フィクション「とある かぞくが のこした blog」今なら自分をネタにアフィ稼ぎ、ブログだけでなくTwitterにまで垂れ流しで万RT、まとめサイトやヲチスレの存在も知って更に絶望しそうだ。
houyhnhm
これこれ!懐かしいけど、扱ってるネタは古くならないよね。
adgt
親のブログなんて読みたくもないし、こういう事例はすでにあるのかもしれないね・・・
user8107
本当にありそうで怖い
necomimii
母親のブログ(写真?)に対して娘が裁判起こしたってニュース見てこれ思い出した


 - おもしろ, ニュース, ビジネス, 人物, 作品紹介, 小話, 悩み, 話題のネタ, 雑学

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 関連記事

「うまい棒」にまさかの妹キャラ「うまみちゃん」爆誕/ポケGOに金・銀のポケモンたちが今週末登場!/東芝、「サザエさん」スポンサー降板も 48年ロングランアニメどうなる/2017.02.17
フェイクニュース対策 グーグル検索画面に検証結果表示へ/「けものフレンズ」の仕掛け人が語る大ヒットの秘訣/地方が何で退屈かわかった/2017.04.10
no image
いつまで紙の本に付き合わなくちゃいけないんですか?/マクドナルドはすぐに無料で商品をばらまくけど正直やめてほしい/なぜ漫画・ドラマ・ラノベのタイトルには人名が入りやすいのか/2017.01.16
no image
素人小説って誰が読んでいるんだろう/「友達じゃん」を理由にタダで仕事を頼むのはお門違い/誤用される言葉・誤用が定着した言葉の一覧/2017.04.18
no image
ボリューム不足のゲームが遊びたい/中学の元校長、ジャンプして女湯をのぞき見の疑い/イギリスEU離脱ざっくりまとめ/2016.06.25
このままじゃいけない…「艦これやめました」に思うこと
けものフレンズのCG凄くない?/「どうしても言いたいことがある」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕/ハードディスクが壊れたことがない/2017.02.08
ゲーム収納のために家を建てた男/AI、ポーカーでプロ4人に圧勝 2億円超のチップ獲得/「スプラトゥーン2」ボイスチャット実装へ/2017.02.02
no image
知人の子供がDSのゲーム違法ダウンロードソフトを自慢していたので…/SMAPの解散の件で、いちファンクラブ会員が言いたいこと/2016.08.18
no image
エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ/ゴジラ対エヴァンゲリオン/しまむら×セガのコラボTシャツ/2016.04.02