声優トレーニング!

     マネジメント, 人物

プロゲーマー・ウメハラがNHKラジオで語った勝負哲学

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

プロゲーマー・ウメハラ氏が NHKラジオ第1『すっぴん!』に出演した際のトークが書き起こされていたのでご紹介します。

「ゲームが好きだからこそ、世間を唸らせるくらい努力を続けてきた」:プロゲーマー・梅原大吾が語る勝負の哲学に震えた! | ラジおこし「ゲームが好きだからこそ、世間を唸らせるくらい努力を続けてきた」:プロゲーマー・梅原大吾が語る勝負の哲学に震えた! | ラジおこし

  • 世界で最も長く賞金を稼ぎ続けているプロゲーマー

藤井彩子:「世界で最も長く賞金を稼ぎ続けているプロゲーマー」としてギネス世界記録に登録されているということで。

松田悟志:初めて賞金を取られたのは何歳くらいの頃なんですか?

梅原大吾:17歳のときに初めて世界チャンピオンになったんですけど、多分そのときが始まりです。
  • 「好き」だから努力する

藤井:ゲームに興味をお持ちの方はもちろんですが、それ以外の方にそれだけ支持されるというのはどう受けとめてらっしゃいますか?

梅原:いまはそうでもないんですけどぼくが中学生くらいのときってゲームセンターってあんまり行っちゃダメだし、やり過ぎたらダメなもの、っていうのがいま以上に強かったんですね。

自分としては、いろいろ考えて一生懸命打ち込んでいるつもりだったんですけど、周りの空気が中身を知ろうともしない風潮だったんです。

だから、「何をやっていようが関係ない」っていうことで、逆にそれが自分の好きなことをやっているわけだから、もし仮に世間の人が興味を持ってくれたときに唸らせるくらいの努力を続けていきたいと子供の頃から思っていて。

もし、偏見のない状態で世に出れば「それなりにインパクトは与えられるだろうな」、とは思っていましたけど予想以上の反響でそこはすごく嬉しいです。
  • 練習することが仕事

—格闘ゲームのプロという方が大会に出て賞金を稼ぐこと以外の収入源が分かりません。大会以外にどのようなお仕事をされているのか、気になります。そして、仕事の無い日はどのような一日を過ごされているのですか?


梅原:仕事が無い日、というか基本的に練習が仕事なんですよね。

もちろんイベントにゲスト出演したり、大会はわかりやすいですけど、練習しないとどんどん下手になっていくので自分ではそれが仕事だと思っています。収入源は大会の賞金以外でいうと、スポンサーからもらったり、書籍の印税だったり、イベントの出演料などが主な収入源になるんですかね。
  • 勝ち続けないと意味のない世界

藤井:私が一番興味深くて、すごいなぁと思ったことなんですけど、「100戦100勝」ということと「勝ち続ける」ということは違うんだとおっしゃっていますよね。

梅原:ぼくの中では、ということですね。

梅原:「100戦100勝」というのはそもそも普通の人には無理な話なんですけど、なんで「勝ち続けること」が大事だと思っているかというと、子供の頃からこういう世界にいてちょっと前、ほんとにちょっと前だったとしても勝てなくなったら、過去の勝利ってないことにされちゃう世界なんだな、と思ったんですよ。

もちろん記録には残ってますけど、「もう光は当たらないんだな」って当たり前のことかもしれないですけど。例えば、前の日に100連勝したとしますよね、でも次の日10連敗したらそれが今の評価というか、「10連敗した」ということの方が大きくなっちゃうんですよ。

藤井:現在に近ければそっちの印象の方が強くなってしまう、と。

梅原:そうです。


「強かった」とか、「ぼくも若い頃は…」とか一切相手にされない世界なんだな、ということを誰かに教えられたわけでなく肌で感じたんですよね。「ずっと勝ってなきゃ意味ないんだ」って。

それで自分なりに出し結論が、ゲームが上手くなっていけば当然勝ち続けられるわけで、それって当たり前のことですけど、みんな人の前だったりすると「勝ってる人だと思われたい」みたいな理由で上達を犠牲にして、目先の勝ちを拾いに行ってしまう。目先の勝ちを拾いに行くという行為って、たいていの場合は上達に繋がってないんですよ。
  • ゲームをせめて「普通」のものに

藤井:最後に、「ゲーム/プロゲーマーの未来はどうなりますか?」という質問です。

梅原:「プロ」という括りかどうか分からないですけど、偏見のあった世界なのでせめてそれを無くしたいなと。

趣味、競技、仕事として普通に、特別にすごいとか思われたいとか思ってないので、普通に扱われればとりあえずはいいんじゃないかな?と。

藤井:「普通に扱われれば…」、梅原さん言葉とは思えないですけど、立場を考えると。

梅原:怒られるかもしれないですけど、そこまでゲームが「イイものだ、すごいものだ」と思われてもそれはそれで違和感があるので、普通に認められて、好きな人が居心地良ければいいのかな、と。

松田:まっすぐに見て欲しい、ということですよね。

梅原:それはそうですね。その上で発展するのであれば構わないし、ということで。

いつのまにかNHKラジオに出演するまでの存在になっていたんですね。

ウメハラ氏がプロゲーマーとして成功し、活動の幅を広げていく姿はゲームファンとしてもウメハラファンとしても本当に嬉しいですし、自分も頑張ろうという気持ちにさせられます。

全文もぜひご覧ください。



梅原大吾 ラジオ「すっぴん!」出演部分1/3

梅原大吾 ラジオ「すっぴん!」出演部分2/3

梅原大吾 ラジオ「すっぴん!」出演部分3/3

「ゲームが好きだからこそ、世間を唸らせるくらい努力を続けてきた」:プロゲーマー・梅原大吾が語る勝負の哲学に震えた! | ラジおこし


 - マネジメント, 人物

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 関連記事

「キモオタがCHANEL買うな」という人達に見てほしい…シャネルJP代表の言葉/「仮面ライダー剣」主演の椿隆之、殴られ重傷/トランプ氏の勝利演説/敗戦のクリントン氏の言葉/2016.11.11
no image
バス運転手が運転しながらポケモンGO/ポケGO運営会社に原因を求める人達…/若者は何で金を稼がないの?/PPAPのピコ太郎「頑張ってる段階でまず失敗はない」/2016.11.06
no image
演技力ってあがるんですか?あがるならどうやったらあがりますか?
デレステ、中居にボイス実装!第4弾CMオンエア開始/セイコーマートが出てくるアニメ/ポケGOよりも人を殺しているパチンコの闇はなぜ報じられない?/2016.12.22
no image
Twitterで「エロ広告」が急増…Twitter広報に聞いてみた/「いらすとや」にイラストレーターが悲鳴/「男の娘同士の百合」…強烈パターンが20数年前にあった/新海誠さんのEvernote活用法/2016.09.28
『君の名は。』興収200億突破が確実視 邦画歴代2位が射程圏内/伝説と化した“カブトボーグ”の歴史/Nintendo Switchに投資家が失望した2つの理由/初めて上司になって1年が経った/2016.10.29
no image
「ファイナルファンタジー」までのスクウェアの迷走/セガ「許諾の事実ない」ぷよぷよのクローンゲームめぐり物議/ウメハラ最大のライバル“ヌキ”こと大貫晋也氏、プロ契約/2016.04.01
no image
小学生であふれた「Hikakin握手会」が【悲報】とまとめられています。
no image
ウメハラが語るゲーム作りとバランス調整の深い話/日本のアニメをダメにしたのはあいつらだ! 業界のタブーを本音でぶっちゃけ解説/見て、光るよ/2017.01.06
新海誠監督、“『君の名は。』は売れる要素の組み合わせ”批判に反論「そんなに容易ならやってみればいい」/日本のドラマが苦手/北方領土「進展なし」でもプーチン来日が成功だった理由/2016.12.20