声優トレーニング!

     朗読・ナレーション, 演技

「新劇」に学ぶ演技表現の7つのポイント

新劇 – Wikipedia

新劇(しんげき)
ヨーロッパ流の近代的な演劇を目指す日本の演劇を指す。

アーティキュレーション

滑舌や歯切れのこと。
滑舌悪くしゃべるのも一つの表現方法。

アクセント

単語または単語結合ごとに決まった音の相対的強弱や相対的高低。
地方の訛りとか。

<例>
雨(あめ↓)
飴(あめ↑)

イントネーション

発話全体につけられた音の高低(ピッチ)のパターン。音調・抑揚。
アクセントと混同されやすい。

テンポ

テンポが悪い話や芝居は飽きられる。

フレージング

言葉の切り方。
セリフやナレーションにおいて切る場所はとても大事。
あえて台本の句読点通りに切らないという表現も。

ポーズ

間(ま)
芝居や漫才などと同じように間は重要。

プロミネンス

強調すること。印象づけること。
声色や声量を変えたり、表情やジェスチャーなどの動きも加えたり。
言葉を立てて聞き手に印象づける。


 - 朗読・ナレーション, 演技

この記事へのコメント

  1. ハセヲ 2012/03/05(月) 02:32 ID:YyNzAxMTY

    今回も勉強になりました
    更新楽しみにしてます!!
    がんばってください(^_^

  2. 管理人 2012/03/06(火) 01:49 ID:EzNTQ0MjI

    ありがとうございます♪
    が、がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 関連記事